LANとWi-Fiの違い

それではよく耳にするWi-Fiと、無線LANの違いはなんでしょうか。

まず、無線LANについてですが、ケーブルを使用せず、通信機器とインターネットを接続することが出来ます。無線LANを利用するには、光回線やADSL回線などのブロードバンドモデルに繋ぐ、無線LANルーターと呼ばれる親になる機器と、その親機から発信される電波を受け取って、実際に操作する端末に一番近い子機が揃って必要になります。

この子機に関しては、最近のパソコンやスマートフォンなどはもともと内蔵されているものも多くなっている為、改めて用意する必要は少なくなってきましたが、もし、昔のパソコンなど内蔵されていない通信機器を利用する場合も、USBに接続して使えるタイプなど小型のものも多いので、使い易いでしょう。

Wi-Fiとは、その無線LANの一種で、無線LANの中でもWi-Fi Allianceという団体に認証された認定規格のあるLANを指します。無線LANと機器が相互接続できると認められたものにのみ、この規格を認定することで、同じメーカー同士でなくても購入の際に悩むことなく選ぶことが出来るようになりました。このように、Wi-Fiと無線LANの関係は、無線LANという大きな括りの中に、規格として確立されたものがWi-Fiというブランド名で呼ばれているのです。


Comments are closed here.