無線LANルーターの選び方

同じ無線LANルーターでも、調べてみると価格に差があることに気付きます。この価格の差は一体何の違いから生まれるのでしょうか。

これは、通信範囲と通信速度に関係してきます。通信範囲の差、とは、ルーターからの距離や、障害物に対する強度などです。安価なものに比べて、高価な物はルーターからの距離が少し遠くても安定して通信することが出来たり、壁などの障害物にも強いものが多くあります。

次に通信速度の差です。無線LANの通信規格を見ると、数字の他にアルファベットが入っているのがわかります。このアルファベットは、各規格を表すものです。つまり、いろいろなアルファベットがいっぱい入っているものほど、多くの規格に対応しているともいえます。最近では、最新で速度の速いものとして「11ac」対応か否かで判断するのも良いでしょう。ただし最新のものを使用する際は、通信機器側もその最新の規格に対応している必要があるので、購入前に確認することをおすすめします。

参考HP : http://xn--wifi-uk4c3jne2cw865ct7xa.com/
└yahoo wi-fiやポケットwi-fiなどの無線LANに関する情報を掲載しているサイトです。

また通信規格のもう一つの判断基準として、「5ghz」に対応しているかがあります。無線LANルーターの通信規格には、5ghzと2.4ghzの2種類があります。見分け方は、通信規格のアルファベットに「a」「ac」が入っているものは5ghz対応、入っていないものは2.4ghzです。この通信規格によって生まれる差は、電波の干渉や障害物への強さです。5ghz対応のものは、電波干渉に関して2.4ghzのものよりも力を発揮するので、アパートなど住宅密集地での使用に向いています。


Comments are closed here.